和田太一

テニス経歴書

 

LINE_P20171119_145748432 和田太一

 

記載日2017年11月1日

氏名 和田 太一(わだ たいち)

生年月日1984年1月15日(満33歳)

(現住所) 神奈川県藤沢市本鵠沼

(出身地) 神奈川県藤沢市本鵠沼

 

テニス経歴

1992年8月

両親の影響で、8才でテニスを始める(アメリカンテニススクール(旧藤沢東急ハンズ屋上)入会)

1993年9月

荏原湘南スポーツセンター Jrクラス 入会

1994年1月

荏原湘南スポーツセンター 選手育成クラスに選抜される

1994年8月

地域Jr大会10歳以下 優勝(オープン大会)

1995年

オーストラリア遠征(Jr選手権12歳以下出場)
関東小学生テニス選手権 出場
地域Jr大会12歳以下 優勝(オープン大会)

1996年

RSK全国選抜ジュニアテニス大会(13歳以下) ベスト16 14歳以下日本代表としてアジア遠征

1997年

RSK全国選抜ジュニアテニス大会(13歳以下) 優勝 14歳以下日本代表としてアジア遠征
高円宮杯全国選抜ジュニアテニス大会(14歳以下) ベスト4
ワールドジュニアテニス大会 日本代表(14歳以下国別対抗戦))
14歳以下日本代表としてヨーロッパ遠征 (ドイツ・ベルギー・オランダ・フランス)へ1カ月間

1998年

高円宮杯全国選抜ジュニアテニス大会(14歳以下) 優勝 ワールドジュニアテニス大会 日本代表(14歳以下国別対抗戦))
14歳以下日本代表としてヨーロッパ遠征 (ドイツ・ベルギー・オランダ・フランス)へ1カ月間
全国中学生テニス選手権 シングルス 準優勝

1999年 

藤沢翔陵高等学校へ進学  中牟田杯全国選抜ジュニアテニス大会(15歳以下)
ワールドユーステニス大会 日本代表(16歳以下国別対抗戦))
第56回インターハイ団体 ベスト16

2000年

中牟田杯全国選抜ジュニアテニス大会(15歳以下)
ワールドユーステニス大会 日本代表(16歳以下国別対抗戦))
第57回インターハイ団体 ベスト4
スーパージュニアテニス大会(18歳以下4大大会と同等レベル) 単複出場

2001年 

全日本選手権 ダブルス 出場
スーパージュニアテニス大会(18歳以下4大大会と同等レベル) 単複出場
南米4カ国遠征 ITFジュニアサーキットに参戦 (ペルー・ボリビア・ウルグアイ・アルゼンチン) へ1カ月間
トヨタ(現MUFJ)ジュニアテニストーナメント 第3位 (18歳以下日本代表としてアメリカ遠征(オレンジボウル等 出場))
第23回全国選抜高校テニス大会 準優勝
第58回インターハイ S ベスト16、D 優勝、団体 ベスト4
第55回宮城国体テニス 少年の部 神奈川県代表 準優勝

1995~2001年

神奈川県ジュニアテニス選手権 シングルス・ダブルス 優勝経験有

1996~2001年

関東ジュニアテニス選手権   シングルス・ダブルス 優勝経験有

1997~2001年

全日本ジュニアテニス選手権  シングルス準優勝・ダブルス優勝経験有

2002年

日本大学 経済学部へ進学 
インカレ(全日本学生テニス選手権)シングルス出場 ダブルス 優勝
中国遠征 (ITFフューチャーズ大会 出場) 2003年 
インカレ(全日本学生テニス選手権)シングルス出場 ダブルス ベスト16  全日本大学対抗テニス王座決定試合 準優勝 第58回静岡国体テニス 成年の部 神奈川県代表

2004年

インカレ(全日本学生テニス選手権)シングルス出場 ダブルス 準優勝
第28回都市対抗テニス大会 藤沢市代表 全日本大学対抗テニス王座決定試合 優勝

2005年 

インカレ(全日本学生テニス選手権)シングルス出場 ダブルス 優勝
インカレインドア ダブルス 出場
イザワクリスマスオープン ダブルス ベスト4
第84回毎日テニス選手権 シングルス ベスト32 ダブルス ベスト8

2006年

第61回兵庫国体テニス 成年の部 神奈川県代表

その他経歴

千葉オープン シングルス 優勝
東京オープン ダブルス 優勝
神奈川オープン シングルス ベスト8 ダブルス ベスト4
湘南オープン シングルス ベスト8 ダブルス 準優勝
大磯オープン 単複 優勝
伊豆稲取オープン 単複 優勝
白子フェスティバルテニス大会(日本最大級の草トー)優勝
2回のヨーロッパ遠征時には、ショーン・ボーン(ボリス・ベッカーやシュティヒ・グラフ選手を指導していた)より指導を受ける。
修造チャレンジ (1期生として中学~高校時代にボブ・ブレッド、松岡修造より指導を受ける。卒業生には錦織圭選手など名だたる選手が名を連ねる。)
チャレンジャー大会、フューチャーズ大会に出場及び勝利によりATPポイントを単複で獲得
日本ランキング 最高 シングルス46位 ダブルス35位

2006年10月
警視庁へ入庁の為、テニスプレイヤーとして約14年の現役生活を引退

以上

ページ上部へ戻る